プログラミング資格

PHP資格の難易度や取得のメリットは?未経験の転職におすすめ?

web系のエンジニアを目指すためにPHPの資格取得を検討している人は多いのではないでしょうか。

PHPは数あるプログラミング言語の中でもプログラミング初心者でも学習しやすく、需要もあるため、未経験者におすすめです。

本記事では、PHP資格はどのような内容で、メリットががあるのか知りたいという人のために資格の紹介と、IT業界未経験者が資格取得によって転職できるのかについて解説していきたいと思います。

PHP技術者認定試験とは?

PHP技術者認定試験は、「一般社団法人 PHP技術者認定機構」という団体が主催しており、2011年から始まった比較的新しい資格試験です。

試験はどのような種類がある?

ここでは、PHP技術者認定試験の種類について説明していきます。

試験概要

初級 上級
問題数 40問 60問
試験時間 1時間 2時間
合格ライン 70% 70%
受験料 12,000円 15,000円

試験は初級と上級に分かれており、プログラミング初心者は初級から受けることになります。

初級

PHPを学習し始めたプログラミング初心者向けに開催されている試験です。

主に学生やエンジニア1、2年目の方などを対象としています。

試験内容はPHPの基本的な文法や簡単なwebアプリケーション作成、オブジェクト指向への理解などが問われています。

⇒PHP7技術者認定初級試験の公式ページ

上級

PHP上級試験はある程度実務経験のあるエンジニアを対象としています。

問われるプログラミングは実用的なテクニックを問うているので実践的なスキルを身につけることができます。

プログラミング未経験の段階で上級試験まで取る人は稀ですし、就職・転職向けならば初級試験までで十分です。

⇒上級試験の公式ページ

難易度や合格率はどれくらい?

IT系の資格にはITSS(ITスキル標準)という基準があり、レベル別に難易度が定められています。

ITSSによると、初級試験はレベル1と設定されており、他の資格ではITパスポートと同じレベルです。

試験内容などは異なりますが参考としてください。

また、合格率は初級で70%ほどとなっていますので、プログラミング初心者でも参考書をよく読み、過去問で対策すれば十分受かる内容と言えます。

合格に必要な勉強時間は?

プログラミング経験の有無によって必要な勉強時間は異なりますが、30時間から100時間程度の勉強が必要です。

口コミなどでも1、2ヵ月の勉強で受かっている人が多いです。

取得のメリットは?

PHP資格だけで、仕事で通用するプログラミング技術の証明とまではいきませんが、就職・転職時に、プログラミングに関して最低限の知識のアピールができるでしょう。

また、すでにエンジニアの方は、資格取得によって社内評価を上げることができ、よりよい案件を任されたり、転職時に有利となるはずです。

PHP資格を未経験からの転職に活かすには?

PHP資格を取得し未経験からIT業界に就職する場合に、転職活動をスムーズに進めるための方法について解説していきます。

ポートフォリオ作成でアピール

学んだPHPでプログラムを組み、何か簡単なアプリでもよいのでポートフォリオ(成果物)を開発して、転職時にアピールすると面接官のウケはかなりよくなります。

実践的なプログラミングスキルを身につけていることの証明となるからです。

プログラミングスクール受講

プログラミングスクールを卒業しているとプログラミングスキルを身につけていることをアピールしやすくなります。

たいていのスクールでは、マンツーマン指導でプログラミングを実際にコードを書きながら教えていくので、実践的なスキルを身につけることができるからです。

ポートフォリオ作成支援もあるので、未経験からの転職に大変心強いです。

PHP資格に関するリアルな口コミ・評判

PHP経験者は30時間ほどの勉強時間で合格できるという口コミがありました。
逆に言うと初心者の場合はこれの2、3倍はかかる考えておいたほうがよいでしょう。

PHPはプログラミング初心者に学習しやすいという口コミが多いです。

また、資格取得だけでなく、ポートフォリオ作成しておくと転職活動がだいぶ楽になるという口コミも多かったです。

資格取得だけでも大変ですが、資格がある人は多いので、差をつける意味でもポートフォリオ作成は大事なことですね。

【まとめ】PHP資格取得を通して未経験からITエンジニアを目指そう!

ここまでPHP資格と未経験からの転職について書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

未経験からの転職にあたり、資格取得はアピールとなりますが、資格以外にもいろいろと手段があることがおわかりいただけたかと思います。

未経験からの転職は周囲にエンジニアの方などがいないと情報がなく、1人で悩むことになりがちですが、なるべくプログラミング学習方法や案件の選び方、キャリアの積み方などでアドバイスをもらいながら転職活動したほうが後々後悔することはなくなるはずです。

プログラミングスクールでは、現役エンジニアに無料相談、プログラミングの無料体験などを随時実施しているので、無料で利用できるものは利用してみましょう。

中には手厚い就職支援をしてくれるスクールも多いので転職活動に悩んでいる場合には検討してみることをおすすめします。

本記事以外にもプログラミング学習やスクールについていろんな情報をまとめていますのでぜひ参考としてください。