[Lev2] プログラミングの勉強方法

【無料あり】プログラミング「GO」 のおすすめ学習サイトまとめ!

「プログラミングGOを学んでみたいが何から始めていいのかわからない」
「GOは学習言語としておすすめって聞くけど本当?」

そんな疑問を抱えていませんか?

GO言語は近年注目を集めている言語の1つであり、今後はより使われる可能性があるので、ぜひ今のうちに学習しておきたいところです。

本記事では、GO言語の特徴や無料で学習できるサイトについて紹介していきます。
※コロナの影響により無料で学習コンテンツを提供中のサイトも合わせて紹介します。

プログラミング「GO」とは?

言語としての特徴

2009年にGoogleによって開発されたばかりですが、すでに多くの開発現場(主にWeb系の開発)で利用されています。

GOによって開発された代表的なサービスとしては、皆さんご存知のYoutubeです。

また、特定のOSに依存せずに開発可能ですので、WindowsだけでなくLinuxやMacでも動かせます。

学習難易度

人気の背景にあるのはその開発のしやすさであり、他の言語と比べてとてもシンプルな設計となっているので、誰が開発してもコードが読みやすく、後で修正しやすくなってます。

そのため、プログラミングを初めて習うというような人でも勉強がしやすく、挫折がしにくいです。

実際、プログラミング学習は途中で挫折する人が多く、そうならないためにも最初の言語選びは大事ですから、何を学ぶか迷っているという人はGOも検討してみましょう。

年収や将来性


参考:ビズリーチ

上記の通り、年収ランキングではなんと1位でした。

現状、GOを扱えるエンジニアが少ないからということもありますが、それだけ需要が増していることは間違いなく、今後もより様々な現場で利用されるでしょう。

何より、Googleが開発したということもあって、Google関連のサービスと相性がいいとされているので、Googleの市場におけるシェアが大きいうちはGOの需要も堅調に推移するのではないでしょうか。

プログラミング「GO」の学習方法

ドットインストール

動画形式でGOの学習ができます。

環境を構築したり、コーディングしたりは不要なのでお手軽です。

有料(1,080円)とはなりますが、本を買うよりは安いので、最初の学習としておすすめです。

「はじめてのGO言語」、「GO言語入門」というコースで勉強できます。
※現在一部無料公開中

⇒ドットインストール

Progate

こちらは実際にブラウザ上でコードを書きながらGOを学べるサイトです。

環境構築なしでコーディングを学べるので初学者には大変便利です。

GOに関しては4つのコースがあり、段階的にステップアップできるようになってます。

⇒Progate

Paiza

こちらもProgateと似ていてブラウザ上でコードを書いて覚えるスタイルのサイトです。

異なるのはProgateの場合は課題をこなしていくスタイルなのに対し、Paizaでは自由にコード書けるスタイルな点です。

初学者には難しいとされる環境構築をせずに、好きなプログラムを組めるというメリットがあります。

⇒Paiza

【期間限定無料】メルペイ「プログラミング言語Go完全入門」

メルペイにて5/31までの期間限定で「プログラミング言語Go完全入門」のコンテンツを無料で公開しています。

PDFでの学習となりますが、わかりやすい解説ですし、ボリュームもあるので、GOへの理解がかなり深まると思います。

⇒メルペイ「プログラミング言語Go完全入門」の期間限定公開のお知らせ

プログラミングスクールの無料体験もおすすめ

各プログラミングスクールの無料体験レッスンの受講もおすすめです。

無料体験では以下のようなサービスを受けれます。

 

  • プログラミング無料体験レッスン
  • 現役エンジニアへの質問や相談
  • キャリアプランのサポート

 

 

GOの学習をきっかけにしてITエンジニアになりたいという人は、無料体験にて業界の動向や転職活動の仕方などについて詳しく聞いてみるのがおすすめです。

※詳しくは下記の記事をご覧ください。

まとめ

いかがでしょうか。

GOは学習がしやすく、将来性もあるので、今こそ学ぶべきチャンスと言える言語です。

紹介したサイトでGOのプログラミングを体験してみましょう。

将来的にエンジニアとして活躍したいという方はプログラミングスクールの無料体験受講で今後のキャリアプランを立ててもらうことがおすすめです。