プログラミング言語の紹介

C言語とは何?その特徴や使い方についてまとめました!

プログラミング言語として最も老舗な言語であり、大学の教育で学ぶことが多いのがこのC言語です。

今回はそのC言語ってどんなものなのか、特徴や使い方についてまとめました。

私の事情ですが、C言語は大学の頃の授業で学んだことが出会いでありプログラミングのきっかけでした。

電気系の学科でしたが、選択科目の1つで学んだC言語があったおかげで現在はIT業界で働いているのかもしれません。

C言語はどんな言語??

C言語は現在色々増えているプログラミングの起源に近いといったイメージでしょうか。

そもそも、B言語と呼ばれる言語の後継言語として開発されており、アルファベットのBの次なのでC言語となったと言われています。

C言語とは、1972年のAT&Tベル研究所で、ブライアン・カーニハンとデニス・リッチーによって開発された、コンパイル型の汎用プログラミング言語のことである。
C言語は、人間にとって記述内容の解釈が容易な、いわゆる高級言語の一種である。しかし、他の現代的なプログラミング言語に比べると抽象度は低く、むしろC言語はアセンブリ言語に近いともいえる。コンパイルの結果として生成されたオブジェクトコードはコンパクトで、処理性能がよいとされる。 (IT用語辞典BINARY参照)

C言語は歴史も古いだけではなく、かなり多くの企業や大学、研究機関などでも利用されており資料も豊富です。

多くの言語のコンパイラはC言語で作られていることや、色々な言語に考え方も応用されて使われているため、C言語が理解できたら幅広い言語の理解早くなると言われています。

ソースコードから実際に機械が理解できる言葉に翻訳する行為をコンパイルと呼びます。

コンピュータ・プログラミング言語の処理系(言語処理系)の一種で、高水準言語によるソースコードから、機械語に(あるいは、元のプログラムよりも低い水準のコードに)変換するプログラムである。(wiki参照)

C言語の特徴は??

他の言語と違った大きな特徴としては直接パソコン内部のハードウェア部分(「OS」「CPU」「メモリ」といったパソコンの頭脳)に影響するプログラミング言語だと言うことです。

なので動きは他の言語と違って処理能力は非常に高速と言われており、ゲームや組み込み機器のように処理速度が必須となるものなどにも利用されます。

また、特定のプラットフォームから切り離されて開発がされているため、他のプラットフォームへの移植も他に比べれば容易と言われています。

プログラミングを始めると「Hello World」という言葉を聞くことが必ずあります。

この「Hello World」はC言語の書籍として有名な「プログラミング言語C」から始まっています。

C言語関係の職種は組込みシステムエンジニアが多いかと思います。

C言語の人気度をチェック

オランダのTIOBESoftwareが出している2018年度のランキングとなります。

ranking Programming Language
1 Java
2 C
3 C++
4 Python
5 Visual Basic .NET
6 C#
7 JavaScript
8 PHP
9 SQL
10 Go
11 Objective-C
12 Swift
13 Delphi/Object Pascal
14 R
15 Assembly language
16 Ruby
17 MATLAB
18 Perl
19 PL/SQL
20 Visual Basic

参照元:https://www.tiobe.com/tiobe-index/

なんとC言語は2位につけていますね!!(2017年と順位変わらずとなります。)
※これは世界でのランキングとなります。

C言語の学習難易度

C言語は他の言語などに比べてハードルが高いと言われています。

上記の章でも記載しましたが、C言語は機械言語に近いことから他の言語より見にくいと言われています。

最近流行っているRubyやPythonなどに比べると圧倒的に難しいと言えるかと思います。

1つのサービスを作ることにもだいぶ時間がかかるかと思います。

■C言語の勉強に向いている人
・プログラミングというものを広く理解するために時間に余裕のある方
・大量データをリアルタイム処理するような高度プログラミングをできるようになりたい方。
・コンピュータの動きというものを理解してプログラミングしたい方

まとめ

今回はC言語についてまとめました。

C言語の位置づけがなんとなくでも理解できましたでしょうか??

これからCPUやメモリの使い方なども覚えてプログラミングをしたい方、複数の言語を扱えるようになっていきたい方には非常におすすめです。