[Lev1] プログラミングについて

プログラミングの平均年収は?フリーランスはすぐ1000万稼げる?

プログラミングは稼げると聞いているが、実際のところ年収はどれくらいなのか気になっている人は多いのではないでしょうか。

近年私たちの生活ではデジタル化が急速に進み、それに伴ってITエンジニアの需要も高まり、エンジニアは慢性的に人材不足となっています。

そのため、プログラミングスキルが高いエンジニアであれば、転職は容易であり、若い年齢でも高い年収も期待できます。

しかし、ITエンジニアの年収といっても、所属する会社や役職、就業形態(正社員orフリーランス)などによって様々です。

そこで本記事では、

・プログラマーの平均年収(会社事例、役職別など)
・プログラミングで稼いでいる有名人一覧
・稼げるフリーランスエンジニアのリアルな口コミ

以上について書いていきます。

未経験からプログラミングを学び、将来的に高い年収を得るために、どのように会社を選び、キャリアステップを踏めばよいのかについて参考になりますのでぜひご覧ください。

プログラマーの平均年収

プログラマーの平均年収は正社員とフリーランスとでは大きく異なりますので、分けて考えることが必要です。

職種別平均年収

まずは正社員のプログラマーの年収について職種ごとの仕事内容、年収の目安を見てみましょう。

職種 仕事内容 平均年収の目安
プログラマー システムエンジニアの仕様書に従いプログラムを作成 約400〜550万円
システムエンジニア システムの基本設計の作成からプログラマーの管理を実施 約500〜650万円
プロジェクトマネージャー 案件の責任者として管理(予算・計画・人材など)を実施 約600〜800万円
ITコンサルタント 企業にIT技術を元に経営・業務の改善の提案や営業を行う 約700〜1000万円超
CTO 最高技術責任者としてIT部門を統括 約1000〜1300万円

上記の通り、一般的なプログラマーのままでは年収に限界があります(中にはプログラマーだけで高い年収を得ている人もいます)。

プログラマーから実務経験を積み、次第に案件のマネジメント職や技術営業などを経験していけば、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントといった中堅的な役職に就けるようになり、高い年収を得ることができます。

さらにその上にはCTOという技術部門トップで、技術分野での経営戦略を立案する役職があります。CTOは取締役会に出席し、技術面での助言をすることで会社の意思決定においても重要な役割を果たすポジションなのです。

日本におけるCTOの平均年収はなんと約1300万円と言われてます。大企業のCTOともなれば約3000万円以上の年収となるケースもあるので、医者よりも高い年収を得られる可能性がある役職です。

ベンチャー企業のCTOは大企業と比べて年収は低いかもしれませんが、株やストックオプションなどの権利を受けることもあり、もし上場して経営規模が拡大すれば、莫大な資産を得ることも可能となります。

まだまだCTOという役職は日本に根付いていないので、今後CTOというポジションの求人は増えるでしょうし、平均年収もさらに上がってもおかしくありません。

次に、有名企業ではエンジニアの年収は具体的にどれくらいなのか見ていきましょう。

NECや日立、富士通といった大手企業では、役職が付くようになれば年収700万から1000万前後を稼げるようになります。

大企業なので会社員として長く働くことは安定している一方で、役職をもらえるようになるまで年数がかかってしまうのが難点です。

DeNA、サイバーエージェントといったベンチャー企業でも、ゲーム開発やアプリ開発など、事業の拡大のためにエンジニアは積極的に採用しています。平均年収も年収700万前後と言われており、他の職種よりも待遇がよいことがわかりますね。

ベンチャー企業はスキルがあれば比較的若い年齢でも役職がもらえたり、プロジェクト任せられたりしますし、在宅勤務など自由な働き方を認めるところも多いというのも特徴です。

また、最近ニュースにもなりましたが、NECが新卒を年収1000万で募集したということがありました。
参考:ITmedia

これまでどんな大企業でも新卒で年収1000万はほとんどないでしょうし、ある程度長い年数の実務経験と年功序列に従った役職を歴任することで年収が徐々に上がっていくことが一般的でした。

このNECのような採用方針が今後他の企業でも実施されるようになれば、優秀なIT人材には若い正社員であっても高い給料が支払われることが普通になるでしょう。

フリーランスエンジニアの年収事情

短期間での昇給が難しい正社員のエンジニアとは対照的な働き方として、フリーランスという就業形態があります。

フリーランスエンジニアであれば、20代であっても年収1000万以上稼ぐことは十分可能です。

実際に、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)による調査では、20代のフリーランスエンジニアは8.8%も年収1000万以上稼いでいることが明らかになりました。
参考:IT人材白書2016

これは一般的な職種では考えられない割合です。

フリーランスエンジニア専門に案件紹介をしているエージェント会社の1つであるレバテックフリーランスでは、フリーランスエンジニアの平均年収は約862万となっており、フリーランスエンジニアがいかに稼げるかがわかりますね。

参考:レバテックフリーランス

プログラミングスキルがあれば、年収1000万以上稼げる可能性はより高くなってきていることがおわかりいただけたかと思います。

プログラミングで稼いでいる有名人一覧

マナブさんを筆頭に稼いでいた、稼いでる人を参考に記載。
*あとから僕の知り合い情報も追加します、

近年プログラミングによって稼げる人は急増しており、稼げるプログラマーとしてyoutubeなどで発信する人も多くなってきました。

以下は有名なプログラミング系youtuberです。

マナブさん

やまもとりゅうけんさん

お二人ともフリーランスのプログラマーとして年収1000万以上を稼いだ経験があり、エンジニア以外にもブログやyoutubeでも収入を得ていて、年収は1000万を優に超えるほどにもなっています。

マナブさんが長く海外に移住していることも注目すべき点で、フリーランスエンジニアの案件は在宅でもOKなものが少なくなく、場所を選ばずに働くことが可能となります。

お二人とも最初は未経験からエンジニアを始めており、年齢が若いことも共通しています。

フリーランスエンジニアは自分で好きな案件を選べるようになりますから、スキルアップが早くなり、高単価の案件を受託しやすくなるため、短期間で高い年収を稼げるようになるのです。

フリーランスエンジニアは年収1000万を稼げる?リアルな口コミを調査

実際にフリーランスエンジニア向けの求人サイトでは単価が高いものが多く、年収1000万以上のものも少なくありません。

すでに述べたように20代や30代でも年収1000万を超えることは珍しくないです。

稼げるフリーランスエンジニアになるには、高いスキルと実務経験が必要ですが、どのスキルがどれだけ稼げるかは時の流れとともに変わっていきます。

JAVAのように長い間使われるプログラミング言語もありますが、AIエンジニアに人気のpythonのように近年よく使われるようになった言語もあります。

フリーランスエンジニアになるなら、どのスキルが高い案件で必要とされるのかしっかりわかった上で、プログラミングの勉強や仕事をしていくようにしたいところです。

ただ、IT業界未経験だと何を学び、どういう実務経験を積んでいくべきかわからない部分が多いので、プログラミングスクールに通って、現役エンジニアの講師に業界のことを聞きながらご自身のキャリアを検討したほうがよいでしょう。

*以下の記事でおすすめのプログラミングスクールを書いてますので参考にしてください。
関連記事:【コスパ最強】初心者向けプログラミングスクールおすすめ3選!オンライン講座編

【まとめ】プログラミングスクールに通って未経験から稼げるフリーランスエンジニアを目指そう

ここまでプログラミングの年収について説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

一般的な社員としてのプログラマーでは年収は一般的な職種よりもやや高い程度ですが、中堅的なポジションになれば、大きく稼げます。

CTO的なポジションになれば、医者よりも稼げる可能性があります。

プログラミングは学歴や職歴が人より優れてなくても、未経験から大きく稼げるチャンスのある職種です。

これから就職する学生さんや、転職希望の社会人の方で、高い年収を稼ぎたいと考えているならば、ぜひプログラミングを検討してみてはいかがでしょうか。

未経験からエンジニア転職を目指す場合資格取得する方も多く、それはそれでアピールとなるので転職には有効です。

関連記事:プログラミングの資格一覧!未経験からの転職におすすめなのは?

資格取得もいいですが、プログラミングスクールの利用がよりおすすめです。

プログラミングスクールでは、無料体験学習や無料相談を随時実施しており、プログラミングを実際にプログラムを動かしながら体験できたり、転職やキャリア相談もしてくれたりします。

卒業後に優良な案件を紹介してくれるスクールもありますので、短期間でプログラミングスキルと実務経験を身に付けやすく、フリーランスエンジニアを目指しやすいというメリットがあります。

本サイトではプログラミングスクールを徹底比較した記事やその他参考となる記事がたくさんありますのでぜひご覧になってください。