[Lev2] プログラミングの勉強方法

【2021年最新】CCNAのおすすめ学習サイト6選!

CCNAの学習をしているがわからないところが多い
ネットワークエンジニアの基礎知識をわかりやすく解説してほしい

これからインフラエンジニア、特にネットワークエンジニアを目指している人や、なり立ての人で、CCNAの学習をしているという人は少なくないのではないでしょうか。

CCNAはシスコ社製品だけでなく、ネットワーク全般の知識も学べて、実務に役立つ資格ですからぜひ取得しておきたいですよね。

しかし、専門性が強いため、未経験だと学習してもなかなか身に付かないことも多いと思います。

そこで本記事では、CCNA取得を目指している人向けにCCNAのおすすめ学習サイトを紹介していきます。

CCNAのおすすめ学習サイト

本章にてさっそくCCNAのおすすめ学習サイトを紹介していきます。

Ping-t


Ping-tは、CCNA学習者向けに問題集などを公開している学習サイトです。

CCNA以外のIT資格(LinuCやOracle Masterなど)に関しても幅広くコンテンツを提供してます。

サイトでは合格体験記が豊富にあり、合格者の学習方法や学習期間、アドバイスなど実体験に基づく情報を手に入れることができます。

⇒Ping-tをチェック

@network Cisco


@network Ciscoは、CIsco製品の基本的な導入・操作方法からコマンド・設定まで1つ1つ解説している学習サイトです。

CCNAの学習中によくわからないところがあった時などにとても参考になると思います。

CCNPレベルのコンテンツもあるので、CCNP取得を目指している人にもおすすめです。

⇒@network Ciscoをチェック

CCNAイージス


CCNAイージスはCCNAに関する知識はもちろんのこと、ネットワークエンジニアとして身につけておきたい技術に関しても丁寧に解説されている学習サイトです。

わからない部分を辞書的に参照するような使い方にも適してると思います。

章ごとに練習問題も用意されており、学習した内容のチェックもすることも可能。

どのコンテンツも無料なので、コスパよくCCNAの勉強をすることができるでしょう。

⇒CCNAイージスをチェック

3 Minutes Networking


「3 Minutes Networking」は、博士とネットワーク技術に関して知らない素人との対話を通じ、わかりやすく学習できるサイトです。

CCNAというよりはネットワーク技術全般に関する基礎を学ぶことができます。

CCNAを勉強する前にネットワークの仕組みを把握したい場合に適したサイトだと思います。

⇒「3 Minutes Networking」をチェック

teratail


teratailは、プログラミングやIT技術全般に関しての質問が気軽にできるサイトです。

CCNAに関しても過去にいろいろと質問がなされており(2021年4月時点で59件)、その回答を見ることができます。

CCNAの学習中に何かわからないことがあり、周りに聞ける人がいないような場合に活用してみてはいかがでしょうか。

⇒teratailをチェック

Udemy


UdemyはIT技術全般に渡って動画教材を提供しているサイトです。

CCNAに関しては以下の講座を確認できます。

・新CCNA(200-301)完全未経験からの合格講座
・ITエンジニアを目指すネットワーク基礎講座_初級編

ここまでテキスト中心の学習サイトを紹介してきましたが、講義を聴きながらCCNAを学習したいという人はUdemyをチェックしてみましょう。




⇒Udemyをチェック

CCNAを取得するメリット


本章では、CCNAを取得するメリットについて説明していきます。

ネットワーク技術の基礎が身に付く

CCNAはCisco製品の設定や操作方法に関するベンダー資格というイメージがありますが、それ以外にもネットワーク技術の基礎について問われてます。

インフラエンジニアを目指す上では必要不可欠な知識ですので、IT業界に入る前や入った直後にはぜひ学んでおきたいところです。

Cisco製品のシェア率が高い

ルーターやスイッチ等ネットワーク機器に関しては、Cisco製品のシェア率が高く、インフラエンジニアとしてネットワークの構築運用に関わるならばCisco機器は避けて通れないと思います。

逆にCisco製品が稼働している環境で実務経験を積めば、ネットワーク関連の案件にはかなり入りやすくなりますし、未経験でもCCNAさえあれば運用保守などの案件を任されやすいです。


未経験からインフラエンジニアに転職しやすい

Cisco製品を採用しているネットワークの現場は多いので、CCNAで学んだことは実務に直結します。

インフラ系のIT会社としても、社員にCisco資格を持っている人が多いと案件を受注しやすい側面もあり、未経験だとしてもCCNAを取得していれば採用されやすい傾向にあります。

インフラエンジニアを未経験から目指している人はぜひCCNA取得を目指しましょう。


【まとめ】CCNAを取得して未経験からインフラエンジニアを目指そう!

CCNAに関する学習サイトを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

無料で学べるサイトも多いので、CCNAを市販本だけで学習していて苦労しているという人はぜひ参考としてください。

CCNAは未経験からの転職にとても威力を発揮しますからぜひ取得して、転職活動を有利に進めましょう。

プログラミングで働き方を変えるコンサルタント
ヴァリーさん
年収1,000万稼ぐ企業向け戦略ITコンサルタントが、プログラミングスクール運営・副業の経験を元に、プログラミングで人生を変えるための情報を発信中!

\ Follow me /