[Lev1] プログラミングについて

プログラミングは40代初心者から学習可能?独学勉強法を紹介!

40代からキャリアチェンジのためにプログラミングを学んでみようと考えている人は多いのではないでしょうか。

プログラミングは近年専門職として注目を集めており、プログラミングスクールは一気に増え、スクールを卒業して未経験からITエンジニアになる人が普通になってきました。

しかし、「自分は40代だから未経験からエンジニアになるのは難しそう」、「40代でもプログラミングを覚えられるだろうか」といったようにプログラミングを学習したい気持ちがあっても学習を開始することにためらってませんか?

プログラミングは40代から学ぶことは可能ですし、40代からエンジニアに転職する人もいますので、学びたい気持ちがあるなら今すぐスタートするべきです!

そこで本記事では、40代からキャリアチェンジのためにプログラミングを学びたい!という人のために、プログラミングの勉強法や未経験から転職する方法などについて解説してきます。

プログラミングは40代から習得できる?

40代からキャリアチェンジのためにプログラミングを学んでも遅いのでは?と思う人は多いのではないでしょうか。

しかし、実際には40代からプログラミングを学ぶ例は増加傾向です。

最近では業種や職種に関わらずどんな所にもIT技術が用いられ、裏側ではそれに伴ったシステム構築が行われています。

IT業界の深刻な人材不足もあり、未経験からプログラミングに触れて就職や転職する方も年々と増えています。

プログラミングを習得したいと考えた年齢が40代であると、つい固定概念や先入観によって習得する事を諦めてしまう方が多いのも事実です。

プログラミングを習得するのに年齢は関係なくたとえ40代の未経験者であってもどんな言語でも習得できますし、IT企業にプログラマーとして活躍する事も可能です。

もちろん未経験から就職までをステップアップで考えた場合は20代や30代と比べて時間がかかる可能性もあります。

しかし、近年ではプログラミングスクールのカリキュラムや就職支援が充実しており、40代で未経験からエンジニアに転職するケースが増えてきてます

また、正社員としてエンジニアとなれなくとも、クラウドソーシングサイトにて自ら案件を取り、フリーランスエンジニアとして活躍されるケースもありますので、必ずしも企業に就職しなくともエンジニアとしてのキャリアをスタートさせることは可能なのです。

このように40代からでも、プログラミングスキルを活かせる方法がありますので、高齢だからといってプログラミング学習を諦めるべきではなく、今すぐスタートしてみましょう。

【40代向け】プログラミングを0から勉強する方法

本章では、40代からプログラミングを勉強したい方のためにどんな学習方法があるのか1つ1つ紹介していきます。

市販のプログラミング入門書を読む

まず第一に未経験の方がプログラミングを一から学習する際により良い学習方法として挙げられるのが、簡単な書籍を購入して記載されている内容を繰り返し進めていく事です。

実際にスマホアプリやWEBサイトを作っていくような入門書がおすすめです。

実際にプログラムを組んでみる

プログラムを習得する上で大切なのは、テキストやウェブサイトなどに記載されている情報やプログラムを眺めるだけではなく、実際に手を動かして記載されているプログラムを専用のソフトウェアに入力し動かしてみる事です。(PCとネット環境は必須です。)

テキストに記載されているプログラムをそのままコンピュータの専用のソフトウェアに入力するだけでも十分身になる上に、コードの全体像やルールなどが把握できるようになりますし、入力したものの正しく動かなかった際の対処法などがプログラマーとしての知識となります。

市販本でも簡単なアプリやサイトを作れる内容のものが多くなってきているので、本を使ってプログラムを組んでみたり無料勉強サイトでコードを書いてみたりすることもおすすめです。

プログラミングスクールで学ぶ

最近ではプログラミングの習得希望者の増加傾向によってプログラミングスクールも数多く開講されており、各スクールでは短期間で即戦力を有する人材の育成など様々なカリキュラムが組まれています。

就職支援系のプログラミングスクールは20代から30代が主流ですが40代も支援も受けることが可能です。

特に副業や個人での受託開発は年齢関係なくカリキュラムを通してサポートしてくれるプログラミングスクールも存在します。

ただ、40代未経験の方がエンジニアに転職することは基本的に困難となる場合が多いことも事実です。

そのような場合でも、最初はクラウドソーシングなどで副業として簡単な案件を受託するという手段もあるので、学んだプログラミングは無駄にはなりません。

以上から、プログラミングスクールに通えば未経験の40代の方でも短期間でプログラムが組めるようになり、スクールを通じてIT業界に活躍の場を移す事も可能なのです。

【口コミ】40代がプログラミングスクールに通って転職は可能?

40代の方がプログラミングスクールに通うか検討するにあたっては、未経験から転職できるのかという点が一番気になるところだと思います。

たしかに40代未経験からのエンジニア転職は困難ですが、Twitterなどを見ると実際に40代からキャリアチェンジをされたという口コミは少なくありません。

その他の口コミ等をチェックしていくと40代未経験から転職するポイントは以下に集約されます。

・若い人以上に勉強する
・ポートフォリオはより完成度の高いものにする
・転職活動や営業活動は数をこなす
・プログラミングスクールを受講する
・プログラミングの勉強会などに積極的に参加

そしてエンジニアになるという目標を諦めない気持ちが大事なのではないでしょうか。

40代でも副業・就職対応可能なおすすめプログラミングスクール

本章では40代でも副業・就職の支援に強みのあるおすすめプログラミングスクールを厳選して紹介していきます。

Dive Into Code

主に機械学習エンジニアの育成に強みのあるプログラミングスクールです。

近年AIやiOTといった機械学習のプログラミングが様々な分野で用いられるようになっており、機械学習エンジニアの需要が急増していますから、Dive Into Codeで学べば一気に市場価値の高いエンジニアとなる可能性があります。

40代未経験からエンジニアへの転職実績があり、公式ページでは47歳の方が未経験からエンジニアへ転身したというエピソードがインタビュー形式で語られています。

校舎が東京の渋谷のみですが、オンラインでも受講可能です。

無料体験では、今後のキャリアプランの相談に始まり、実際にプログラミング体験を通してスクールでの学習がどのようなものかを知ることができます。

>>「無料体験あり」DiveIntoCode公式ページ

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は現役エンジニア講師からがっつりマンツーマンの指導を受けられるプログラミングスクールで有名です。

講師の方はフリーランスが多く、IT業界でのリアルな事情や必要なスキルを詳しく教えてくれますし、メールやチャット、skypeでいろいろと相談にのってくれます。

しかも、実際に案件を獲得した後も、案件を進める上でのサポートをしてくれるので、安心してエンジニアになれます。

40代以上の方だと正社員になるのは難しかったり、副業としてやりたかったりする場合があり、その場合クラウドソーシングなどで案件を取っていく必要があります。

その場合、なかなか一人で案件をこなすのは難しいものですが、スクールのサポートがあれば案件を円滑に完了させることができるでしょう。

侍エンジニア塾の無料体験講座では、プログラミング学習や転職相談を実施しているので、興味があったらぜひ一度受けてみましょう。

>>「無料体験あり」侍エンジニア塾公式ページ

【まとめ】40代未経験でもプログラミングスクールに通ってエンジニアを目指そう!

ここまで40代からプログラミングを学ぶ方法について見てきましたがいかがでしたでしょうか。

40代未経験でもプログラミングを学びやすくなってきていることがおわかりいただけたかと思います。

独学でもプログラミングは学べますが、高いプログラミングスキルを身につけて未経験から転職・案件獲得をするならプログラミングスクールに通うことがおすすめです。

40代だからプログラミング学習はやめようと思わずに、まずは紹介したプログラミングスクールの無料体験で相談して、今後のキャリアを検討してみましょう。