ホーム » [Lev2] プログラミングの勉強方法 » プログラミングツール » 【初心者向け】インフラエンジニア向けのおすすめツール5選!
a
プログラミングツール

【初心者向け】インフラエンジニア向けのおすすめツール5選!

インフラエンジニアの仕事で使うツールを知りたい

これからインフラエンジニアになりたい人やなりたての人にとってはどんなツールを使うのか気になるところかもしれません。

ツールを知っておくことで、仕事に活かせますし、インフラエンジニアの仕事のイメージもわきやすいと思います。

本記事では、インフラエンジニアに必須のツールから便利ツール、勉強向けツールまで紹介していきます。

インフラエンジニア向けツール

本章では、インフラエンジニア向けのおすすめツールを紹介していきます。

Teraterm


引用:窓の杜

Teratermは、インフラエンジニアにとって必須と言ってもいいターミナルツールで、シリアルポートにつながっている機器にtelnetやSSHなどによってリモートから操作したい時に利用されます。

例えば、インフラエンジニアなり立てで運用監視業務をする場合、インフラ機器にリモートからログインし、コマンド打って正常性を確認する時などにTeratermをよく使います。

フリーソフトですので、ダウンロードして基本的な操作くらいは覚えておいて損はありません。

ExPing


引用:woodybells

ExPingは、GUI上からPingコマンドを実行できるツールです(tracerouteも実行可能)。

Pingを連続で打つことが可能であり、インフラ機器の正常性をチェックできるので、ネットワーク監視業務においてよく使われます。

ExPingを現場で使うかどうかに関わらず、Pingコマンドはインフラエンジニアとして知っておくべきコマンドなので、ExPingを使ってみることをおすすめします。

3CDaemon


引用:ネットワークエンジニアとして

3CDaemonは、TFTPサーバやTFTPクライアント、FTPサーバ、Syslogサーバなど複数の機能を備えたインフラエンジニア向けツールです。
※HPが3Comを買収したということもあって、現在、3CDaemonは公式サイトからダウンロードできないですのでご注意ください。

特にサーバとパソコンとの間でファイルのやり取りを行うFTPサーバに関しては、現場でもよく使われますので、FTPサーバとしての使い方くらいは覚えておいたほうがいいです。

Wireshark


引用:さくらのナレッジ

Wiresharkは、ネットワークインターフェース上に流れるパケットを解析するインフラエンジニア向けツールです。

ネットワークエンジニアの運用監視業務にて、ネットワーク上に何らかの障害が発生した場合などにその原因調査で使用されることが多いです。

仕事で使うだけでなく、ネットワークやサーバーの仕組みを学習する上でも、Wiresharkを使えばプロトコルに関して深く理解することができるでしょう。

GNS3


引用:GNS3

GNS3は、ネットワーク機器の動作をシミュレーションできるインフラエンジニア向けツールです。

例えば、現場で実機を導入する前の動作確認したい場合などに有効と言えます。

一般的には、CCNAなどシスコ主催のシスコ技術者認定試験の対策で利用する人が多いです。

シスコのルーターを自前で買って、自宅に設置するのはコスト的にもスペース的にも大変ですが、GNS3を使えばパソコン上にてルーターの勉強ができて便利です。


インフラエンジニアになるには?


本章では、インフラエンジニアになるには何が必要か説明していきます。

ネットワーク・サーバーの基礎を身につける

インフラエンジニアになるにはネットワーク・サーバーの基礎を身につけることが必要です。

ルーターやLinuxのコマンドを覚えることも大事ですが、インフラエンジニアとして長くキャリアを築いていくにはネットワーク・サーバーの仕組みを深く理解しておくことが求められます。

インフラエンジニア向けの入門書としては、「インフラエンジニアの教科書」がおすすめで、業務内容やインフラの基礎・実践など現場に必要とされる知識を幅広く説明してます。

また、インフラエンジニア向けの学習サイトもたくさんありますので、入門書と合わせてチェックしておきましょう。

インフラエンジニア向け資格を取得する



未経験からインフラエンジニアになるには、IT資格の取得も有効で、特に評価されやすいのは、CCNAやLinuCです。

CCNA
Ciscoルーターやスイッチの操作方法だけでなくネットワーク全般の知識が身に付きます。

LinuC
サーバーOSとしてシェアを誇るLinuxの基礎が身に付きます。

いずれも実務寄りの知識が身に付きますので転職活動前に取得しておくことをおすすめします。

【まとめ】インフラエンジニア向けツールに習熟してスキルアップしよう!

インフラエンジニアの定番ツールについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

これからインフラエンジニアを目指す方やなりたての方はぜひ参考としてください。

スクール選びに迷っている方へ無料相談会

variiisではITを学んだことがない人がこれからIT業界へ入りたい人をサポートしています。

様々な悩みをお持ちの方の無料雑談会をお受けしております。

  • プログラミングスクールへ入るか?どのスクールがいいか?入るほうがいいのか?
  • プログラミング学習の第一歩はどうすべきか?
  • 未経験からIT転職はできるのか?
  • IT業界の実情は実際どうなの?

スクール形式のご支援もありますが、まずはざっくばらんにオンラインで話しましょう!

我々は案件の仕事をしつつエンジニア育成の事業を副業から始めております。
なので、無理な勧誘するなんてことはありません。
ご安心してお申し込みください!

無料のオンライントーク会はこちらから申し込みください==>>https://school.variiis.com/