プログラミング言語の紹介

kotlinでできることは?プログラミング学習が容易で将来性あり

Kotlinは最近開発されたばかりの言語ですが、人気が高く、急速に需要が高まっています。

学習も簡単な言語ですので、これからプログラミングを学ぼうという人にとっても最適です。

しかし、「どんな開発ができるのだろう?」、「学んで仕事に活かせるのかな?」と疑問をお持ちの方も多いと思います。

そこで本記事では、Kotlinを使ってできることや学習方法について紹介していきます。

kotlinってどんなプログラミング言語?


kotlinは言語として以下のような特徴があります。

 

  • コードが読みやすい
  • オブジェクト指向言語
  • Android開発における公式言語
  • Javaとともに開発できる

 

 

2011年に開発された言語であり、エンジニアが開発しやすいよう設計されています。

次章にて詳しく見ていきましょう。

kotlinでできること一覧

Androidのスマホアプリ開発

Kotlinと言えばAndroidのスマホアプリ開発での利用が最もポピュラーです。

スマホアプリ開発の市場は依然として活発であり、今後もより伸びていく可能性があります。

開発言語はJavaが中心でしたが、今後はKotlinのシェアが大きくなっていくと予想されています。

※iPhoneやiPadアプリに関しては「Swift」という言語が近年では利用されるようになってきています。

Webアプリケーション開発

スマホアプリ開発だけでなく、一般的なWebアプリケーション開発においてもKotlinを使用することが可能です。

近年では、PythenやRubyがWeb系言語として人気を集めていますが、今後はKotlinもWeb開発で採用されるケースが増えてくるかもしれません。

Javaと相互運用することが可能

まだまだJavaが開発現場で利用されていることが多いのですが、そのJavaと相互運用することが可能なので、様々な現場で使いやすくなっています。

具体的には、Javaで書かれたコードをkotlinを通して呼び出したり、その反対も可能です。

※Javaとの違いについては下記の記事を参考にしてください。

kotlinの学習について

学習するメリット

冒頭でも申し上げましたがkotlinの需要は高まっており、実際に言語別の平均年収は高くなってます。


参考:ビズリーチ

また、学習が比較的簡単なので、プログラミング初学者はある程度の水準まで上達する可能性が高く、最初の学習言語におすすめです。

まずは本や学習サイトで勉強


まずは本や学習サイト「ドットインストール」にて勉強してみましょう。

ドットインストールは動画形式での学習なので、環境構築やコーディングをする必要がなく、勉強がしやすいはずです。

⇒ドットインストール公式

プログラミングスクール

実際のところ、まだまだKotlinに関する本やネット上の情報は他の言語と比べて多いとは言えないので、そういう意味では学習が難しい側面があります。

独学で学習を進めていると、わからないことがあっても誰にも質問ができず、多大な時間を使ってネット検索しても解決しないといったことが起こりがちです。

独学が難しいと感じたら、プログラミングスクール受講がおすすめです。

プログラミングスクールで現役エンジニア講師によるマンツーマン指導のほうがより確実にスキルアップができるでしょう。

プログラミングスクールでもKotlinを学べるのは少ないのですが、大手スクールである「TechAcademy」では学べるので紹介させていただきます。

TechAcademy~Androidアプリコース~

TechAcademyのAndroidアプリコースというコースがあります。

専属のメンターによるマンツーマンで指導を受けれるので初学者でも安心ですね。

具体的には以下のアプリを作成するところまで指導を受けれます。

  • ジャンプゲームアプリ
  • タスク管理アプリ
  • Q&Aアプリ
  • オリジナルアプリ

※ホリエモン動画でもTechAcademyについて紹介されてます。

TechAcademyの公式を見てみる=>>TechAcademyの無料体験はこちら

※以下の記事で詳細に解説してます。

関連記事:TechAcademy/テックアカデミーの評判や料金体系のまとめ!無料体験情報も!

まとめ

いかがでしょうか。

Kotlinはプログラミング初学者におすすめの言語であることがわかりました。

将来性も高いので、ITエンジニアを目指している人もぜひチェックしてみましょう。