プログラミング言語の紹介

Swiftでできることは?簡単なプログラミング言語で学習が容易?

「プログラミング学習を始めてみたいけど何の言語から勉強すればいいかわからない」

こんな悩みを抱えていませんか?

いきなり難しい言語を選んでしまうと学習に挫折してしまい、「プログラミングはやはり難しい」と感じて学習を諦めてしまいかねません。

そこでおすすめなのがSwiftとという言語です。

Swiftはスマホアプリ開発で用いられることの多い言語ですが、学習が比較的容易で需要もあるので初学者におすすめです。

本記事では、Swiftでできることや学習におすすめ理由、学習方法について解説していきます。

Swiftでできること

iPad・iPhone・iPod touchのアプリ開発

Swiftはいわゆるスマホアプリ開発に利用されることが最も多いです。

スマホアプリ開発の需要は堅調であり、iPad・iPhoneは今後も市場におけるシェアは大きいままと予想されます。

そのため、スマホアプリ開発エンジニアの需要も高く、Swiftができるエンジニアもまだ多くないので、稼ぎやすい職種となってます。

Apple TVのアプリ開発

Apple TVはテレビにて音楽や映画、ゲームすべてを楽しめるツールです。

このApple TV上で動かすアプリを開発する時にもSwiftで可能です。

Apple watchのアプリ開発

Apple watchは時計でありながらスマホ並みに多くの機能が利用できるツールです。

Apple watchを利用している人は多くない現状がありますが、今後使う人が増えてくれば、アプリ開発も活発となってくると予想されます。

Mac向けアプリの開発

MAC上で動くアプリケーションの開発にもSwiftが利用できます。

その他WEBアプリケーション開発

swiftはオープンソースとなっているため、マルチプラットフォーム対応です。

加えて、swiftには開発がしやすいようフレームワークもたくさん作られているため、通常のWeb開発にも利用しやすい言語となってます。

Web開発というとRuby、Pythonあたりが近年流行ですが、今後はswiftもシェアを伸ばしてきてもおかしくありません。

Swiftが最初に学ぶプログラミング言語としておすすめな理由

学習が比較的簡単な言語

Swiftは開発されたばかりの言語で、コードが読みやすく、書きやすいように設計されており、プログラミング未経験でも学びやすくなってます。

Swiftができるエンジニアが少ない

Swift絡みの案件が多くなってきている一方で、Swiftができるエンジニアはまだまだ少ないです。

そのため、Swiftができれば他のエンジニアと差別化しやすく、多少経験が不足していてもエンジニアとしての将来性を見越して採用される可能性もあります。

今後言語として需要が伸びる可能性がある

今後Swiftを用いた開発は増えていくことが予想されます。

Swiftの前はObjective-cという言語にて開発することが多かったですが、Objective-cからSwiftに移行する案件も出てき始めており、そういった傾向は強まる可能性があります。

また、ベンチャー企業でもSwiftが開発言語として採用されるケースも増えてきていることも転職しやすい点です。

スマホアプリ開発は副業としても取り組みやすい

社員としてエンジニアとなる以外にも、スマホアプリ開発は副業として行っていくことも不可能ではありません。

スマホアプリ開発の案件はクラウドソーシングサイトなどでよく募集があるので、フリーランスエンジニアが取り組みやすい案件の1つです。

Swiftの学習方法

プログラミング学習サイト


ドットインストールでは有料プラン(1,080円)となってしまいますが、Swiftの入門動画講義を受けることができます。

動画なら勉強もしやすいので、取っ掛かりとしては最適でしょう。

学習アプリ「Swift Playgrounds」


子供向けの学習アプリ「Swift Playgrounds」も最初の勉強としておすすめです。

ゲーム感覚で課題をこなしつつ、コーディングを学んでいけます。

子供だけでなく、大人でも楽しみながら勉強できるでしょう。

※以下の記事で詳しく書いてます。

プログラミングスクールの無料体験

プログラミングスクールの無料体験では、講師のサポートを受けながら初歩的なプログラミングの体験や学習相談を受けることができます。

無料体験で受けられるサポートが充実しているスクールが多いので、一度受けてみることをおすすめします。

※以下の記事にておすすめスクールをまとめているのでぜひご覧ください。

本記事でも簡単に紹介していきます。

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾はアプリ、WEB関係、ゲーム、機械学習と幅広いジャンルで講座があり、Swiftも学べるスクールです。

無料体験で受けられるサポートは以下の通りです。

 

  • 現役エンジニアに悩み相談
  • 学習カリキュラムの構築
  • 未経験からのキャリアプラン

 

 

侍エンジニアの公式で無料体験をチェック=>>侍エンジニア塾の無料体験はこちら

侍エンジニアについて下記の記事が詳しいです。
⇒関連記事:侍エンジニア塾って実際どうなの?講師レベルとフリーランス情報までご紹介

Tech Academy

講座数、講師陣(300名)が多いスクールで、Swift講座もあります。

無料体験で受けられるサポートは以下の通りです。

 

  • オンライン教材
  • ビデオチャットでメンタリング体験
  • 回数無制限の課題レビュー
  • 毎日最大8時間のチャットサポート
  • 簡単なWebアプリケーションを作成

 

 

上記の通り、無料としてはかなり手厚いサポートを受けれます。

以下のホリエモン動画では授業の模様が見れます。

TechAcademyの公式で無料体験をチェック=>>TechAcademyの無料体験はこちら

TechAcademyについて下記の記事が詳しいです。
関連記事:TechAcademy/テックアカデミーの評判や料金体系のまとめ!無料体験情報も!

Code Camp(コードキャンプ)

アプリ開発の指導では業界内でも高い評価を受けていることで有名なスクールです。

無料体験の全体的な流れは以下の通りです。

 

  • プログラミング学習についてのヒアリング
  • コードキャンプについての案内
  • 簡単なプログラミング体験
  • プログラミング学習についてのご相談やご質問
  • 割引クーポンプレゼント

 

 

CodeCampの公式で無料体験をチェック==>>【無料体験】CodeCamp/コードキャンプ

CodeCampについて下記の記事が詳しいです。
関連記事:CodeCamp/コードキャンプの評判は?メンターからカリキュラムまで徹底評価!

Swiftの学習に悩んだら

当サイトでもプログラミングの学習相談を無料で実施しています。

Swiftの学習に限らず、プログラミングやエンジニアの仕事など何か相談したいことがあればお気軽にお問い合わせください。

問い合わせはこちら

まとめ

いかがでしょうか。

Swiftは初学者が勉強しやすく、エンジニアを目指す人にとっても将来性があり、おすすめの言語であることがわかりました。

プログラミング学習をしっかり形にしたいなら学習が比較的簡単なSwiftから勉強を始めてみてはいかがでしょうか。