IT career Counseling
プログラミングスクール情報

【2021年最新】プログラミングスクール人気ランキングを紹介!

「プログラミングスクールの人気ランキングを見た上で受講先を決定したい」
「プログラミングスクールを比較検討したいがいろんな要素があって何がいいのかわからない」

プログラミングスクールを検討しているが結局どこにすればいいのか迷ってはいませんか?

近年スクールは急増しているので比較すればするほど決めるのが難しくなりますよね。

人気ランキングと言っても、選ぶ人が何を重視するかによって最適なスクールは変わってきます。

そこで本記事では、プログラミングスクールを項目別に比較した上で、ランキング形式にて紹介していきます。

本記事を読んで自分に本当に合ったスクール選びに役立てましょう。

プログラミングスクール比較ランキングの基準

受講料

受講料を比較してなるべく安いプログラミングスクールで学ぼうという人は多いのではないでしょうか。

高いところは80万とかしますが、平均的な相場としては30万~50万程度のところが多いです。

相場よりも安いスクールも多いですが、講師のレベルやサポート内容がよくなかったり、就職支援がなかったりすると、スキルが身につかず、転職できずに終わってしまうリスクもあるので、値段だけで判断しないようにしましょう。

逆に高い受講料だとしても、転職保証があったり、いい企業への紹介をしてもらえたりするので、長い目で見れば見返りが大きいこともありえます。

無料 or 有料

無料スクールと有料スクールを比較してどっちにするか悩む人も少なくないのではないでしょうか。

お金をかけずに学べるなら無料スクールのほうがよさそうですが、カリキュラムの内容はあまり選べず、制限されますし、スクールが紹介する企業に就職することが大前提です。

無料スクールで学ぶつもりであっても、なるべくカリキュラムが充実してて、就職先もよさげなところを選びましょう。

通学 or オンライン

プログラミングスクールが通学・オンラインどちらに対応しているのか比較検討することが大事です。

通学・オンラインどちらにもメリット、デメリットがあるので、ご自身の学習のしやすさ、生活環境、仕事の忙しさなどを考慮に入れてスクールを選んでいきましょう。

カリキュラム・教材・学習言語

プログラミングスクールによってカリキュラムや教材、学べる言語は異なります。

生徒をヒアリングした上で完全オーダーメイドでカリキュラムを作るところもあれば、ひたすら課題をこなすところもあります。

また、学習言語も何十もの中から選べるところもあれば、特定の言語しか選べないところ(無料スクールはJava中心のカリキュラムが多いです)もあって様々です。

未経験からの転職に強い言語、リモートワーク・フリーランス向けの言語、年収の高い言語と様々ありますが、まずはご自身で何を学びたいか検討した上でスクール選びをしたほうがよいでしょう。

質問サポートの対応時間帯・曜日

前述のオンライン対応と関係するところですが、質問サポートの対応時間帯・曜日はスクールによって明確に差があるので、しっかり比較検討しておきたい項目です。

ただ、実際のところ、サポート時間帯内に質問したとしても、どれくらいの早さで返信もらえるかはスクールや担当講師、質問の内容などによって異なるので、レッスンを受けてみないとわからない部分ではあります。

また、質問の形式もチャット、メール、対面など様々です。

質問を多めにする予定のは人は質問サポートの詳細をぜひチェックしておきましょう。

就職支援サポート

プログラミングスクールの就職支援もその内容や強みは様々で、優良企業への紹介、職歴書の書き方・面接対策サポート、転職保証の有無などいろんなサポートがあるのでしっかり比較検討することが大事です。

転職保証とは、スクール卒業後就職できなかったら返金対応があるというものです。

スクール卒業後に着実に就職したい、いい企業に就職したい、万が一就職できなかったら受講料を返してほしい、といった人は就職サポート内容を細かく比較した上で受講を決めましょう。

学生 or 社会人

学生か社会人かでどのスクールを選ぶかは結構変わってきます。

学生なら学割がききますし、社会人の場合は仕事しながら受講するケースが多いので、働きながら学びやすいところを選んでいったほうがいいです。

また、大学生専門のスクールもあり、受講が安めで、年代の近い人と一緒に学べるので、大学生ならチェックしておきましょう。

受講年齢~20代・30代・40代~

受講する年齢によっては選ぶプログラミングスクールが変わってきます。

例えば、無料系スクールだと対象年齢は20代限定であることが多いですし、転職保証のあるところでも30代以上は対象外の場合があります。

一般的に、30代以降の方は未経験からの転職がより難しくなるので、30代以上の方の就職実績がある、就職支援が強い、ポートフォリオ作成サポートが充実している、などをチェックしたほうがよいです。

無料体験があること

プログラミングスクールの情報はネットでも得られますが、実際のところはスクールに行ってみないとわからないものです。

スクールに無料体験があり、単にスクールの説明するだけでなく、レッスンを受講できるようなところが望ましいです。

無料体験レッスンを受けることができれば、レッスンの進め方や学習環境、講師のレベルなどもある程度把握できるので、他のスクールとの比較検討がしやすくなります。

いずれにせよ、無料体験でしか得られない情報や自分との相性などがわかりますから無料体験は受講前に極力受けるようにしましょう。

ランキング根拠

今回のランキングはvariiisが独自にスクールやスクール卒業生へのインタービューを考慮して実施しております。(※今回は大手スクールが対象です。)


上記:弊サービス参照(https://variiis.com/)

【2020年最新】人気ランキング上位のプログラミングスクール一覧

1位:DMM WEBCAMP

受講料 Commit短期集中コース:628,000円
Commit専門技術コース:828,000円(56万円キャッシュバックにより実質350,800円)
Pro:679,800円
年齢制限 ※30歳以上だと転職保証の利用が要相談
主な学習言語 多数
学習形式 通学・オンライン
学習期間 Commit:3ヵ月から
Pro:12週間から

DMM WEBCAMPは、東京(渋谷・新宿)と大阪(難波)に教室を構えるプログラミングスクールで(オンラインにも対応)です。

DMM WEBCAMP Proは未経験の受講生が98%にもかかわらず、転職成功率が98%というかなり高い数字となっており、就職支援の手厚さに定評があります。

離職率に関しても1%と低いので、定着率も良いことから紹介先の企業が働きやすい環境で、エンジニアにとって満足度が高いことが伺えます。

実際、DMMグループをはじめとして、人気のある自社開発系企業への就職も可能。

3ヵ月のカリキュラムが組まれていて、短期間でみっちり学習し、優良企業へ就職したいという人に適しています。

「DMM WEBCAMP Commit」講座では、転職保証があり、転職できなかった場合に返金が可能です。

加えて、「DMM WEBCAMP Commit」の「専門技術コース」だと、専門実践教育訓練給付金制度を利用すれば、受講料がキャッシュバックされるので、かなり安く受講できます。
参考:DMM WEBCAMP「キャッシュバック可能な詳細」

初めて専門実践教育訓練(通信制、夜間制を除く)を受講する方で、受講開始時に45歳未満など一定の要件を満たす方が、訓練期間中、失業状態にある場合に訓練受講をさらに支援するため、「教育訓練支援給付金」が支給されます。
参考:厚生労働省「教育訓練給付制度」

無料体験の内容
無料カウンセリング

DMM WEBCAMP無料体験はこちら==>>DMM WEBCAMP公式サイト

2位:TechCamp エンジニア転職

受講料 短期集中スタイル:648,000円
夜間・休日スタイル:848,000円
年齢制限 無し
主な学習言語 多数
学習形式 通学・オンライン
学習期間 短期集中スタイル:10週間
夜間・休日スタイル:6ヵ月

TechCampは、東京(渋谷)、大阪(梅田)、愛知(名古屋)に教室があるプログラミングスクールです。

10週間の短期集中で高いスキルを身につけ、優良企業へ就職することを目的としています。

「TechCamp エンジニア転職」コースでは、未経験者が99%、非IT系出身者が90%、30代が30%という割合ながら転職成功率が99%という極めて高い数字であり、スクールの中でも際立つ実績です。

就職先も自社開発系企業が61.3%というかなり高く(受託開発は25,5%、SESは13,2%)、優良企業への紹介実績も魅力。

受講料は高めですが、就職率の高さから言えば転職できないというリスクは低いですし、転職できなければ全額返金なので、安心して受講できるはずです。

20代だけでなく、30代や40代からの転職実績もあり、未経験からエンジニア転職したいが不安だという人はぜひチェックしておきたいスクールです。

無料体験ではカリキュラムに関して説明を受けるだけでなく、プログラミング体験もできますので興味ある方はぜひ受けてみましょう。

無料体験の内容
プログラミング学習説明会
プログラミング体験会
個別相談(任意)

3位:TechAcademy

受講料 149,000円~(学生は129,000円~)
エンジニア転職保証コース:298,000円
年齢制限 無し
主な学習言語 多数
学習形式 オンライン
学習期間 1ヵ月から
エンジニア転職コースは12週間

TechAcademyは老舗のスクールで、日本一の講座数・講師数(約300名)を有するオンラインスクールとして有名です。

過去に10,000名もの卒業生を送り出しており、長年の信頼と実績があります。

講座は4週間から受講が可能で、受講料も安く、講師のマンツーマン指導も受けれますので、コスパよくスキルを身につけることができるでしょう。

希望者はTechAcademyキャリアという転職サービスに登録可能で、質のいい求人やスカウトが届くようになります。

また、エンジニア転職保証コースという未経験からの転職希望者向けのカリキュラムも用意されており、転職できなかった場合に全額返金されます。

ただし、受講には条件があるので注意しましょう。

エンジニア転職保証コースの主な受講条件
・20歳以上32歳以下
・東京での勤務が可能
・IT企業へエンジニアとして転職の意思がある方
・期間中に学習時間を300時間以上確保できる方
・全ての課題に合格された方
※その他の条件や詳細は公式を参照

1週間という長い期間に設定されている無料体験も定評があります。

プログラミングレッスンもかなり突っ込んだ内容を体験できるのでぜひ受けてみましょう。

無料体験の内容
1週間の体験期間
HTML/CSS・PHPの入門を学習可能
現役エンジニアのメンターが付きながら課題
メンターとのビデオチャットが可能

公式サイトはこちら==>>「無料キャリアカウンセリング」TechAcademy

4位:TechBoost

受講料 入会金:184,800円(学生は147,800円)
月額29,800円
年齢制限 無し
主な学習言語 多数
学習形式 通学・オンライン
学習期間 3ヵ月から

TechBoostは、AIやIoT、ブロックチェーンといったホットな技術を初学者から3ヵ月という短期間で習得可能なプログラミングスクールです。

TechBoost自体、元々キャリアサービスを提供しているBranding Engineerという会社が運営しており、就職支援サポートに関してノウハウと実績があります。

また、「techstar」や「midworks」といったエンジニアの転職に特化したエージェントのサポートも受けれますので、卒業後にしっかり転職を決めたい人やフリーランスを目指したい人には最適です。

無料体験の内容
カウンセリング
カリキュラム紹介

公式サイトへ==>>「無料体験」TechBoost

5位:CodeCamp

受講料 148,000円から
年齢制限 無し
主な学習言語 多数
学習形式 通学・オンライン
学習期間 2ヵ月から

CodeCampはiOS/Androidアプリ開発のカリキュラムに定評のあるプログラミングスクールです。

その他にもRubyやPythonといったWeb系言語やWordpressコースのようなWeb制作系のコースもあります。

受講料も最も短い期間だと、148,000円とTechAcademyと同様にかなり安い部類に入りますので、コスパよく短期間でスキルを身につけたい人はチェックしておきましょう。

無料体験の内容
プログラミング学習に関するヒアリング
CodeCamp(コードキャンプ)への案内
プログラミング体験

公式サイト==>>[無料体験あり]CodeCamp公式ページへ

6位:侍エンジニア塾

受講料 69,800円から
年齢制限 無し
主な学習言語 多数
学習形式 通学・オンライン
学習期間 1ヵ月から

侍エンジニア塾は、時給3,000円以上稼ぐエンジニアを目指すことを目的としたプログラミングスクールです。

カリキュラムはオーダーメイド形式で、生徒と話し合いながらその人に最適なレッスンを進めていきます。

これにより、無駄な学習は省けますし、フリーランスを目指している人も自分独自の良質なポートフォリオを効率よく作成できます。

卒業後も、仕事獲得から納品までサポートを受けれるので、1人立ちが不安なフリーランス志望者でも安心です。

無料体験の内容
個別無料カウンセリング
プログラミング体験会

公式サイト==>>[無料体験あり]侍エンジニア塾公式ページへ

7位:ポテパンキャンプ

受講料 25万円(ポテパンキャンプ紹介の企業へ就職した場合はキャッシュバック)
年齢制限 無し
主な学習言語 Ruby
学習形式 オンライン
学習期間 3ヵ月

ポテパンキャンプは紹介先企業へ就職すれば受講料がキャッシュバックされるので、完全無料で学習できる無料系プログラミングスクールです。

カリキュラムはRuby中心ですが、Webアプリ開発、ECサイト開発など実践的な内容で構成されており、実務寄りの学習ができます。

就職支援も無料系スクールながら自社開発企業への紹介も積極的に行っています。

ある意味コスパ最強のスクールと言えるかもしれません。

8位:GeekJob

受講料 無料
年齢制限 19歳~27歳(スピード転職コース)
主な学習言語 Java・Ruby・PHP・インフラエンジニアコースも有り
学習形式 オンライン
学習期間 1ヵ月~3ヵ月

無料系プログラミングスクールながら高い就職率の実績があります。

コースもプログラミングだけでなく、インフラエンジニア向けのカリキュラムもあり、キャリアの選択肢が幅広いです。

年齢制限が厳しい(スピード転職コースだと27歳まで)のと、応募条件があるのがネックですが、20代でIT業界へのキャリアチェンジをしたいなら大変おすすめで、早い人だと1ヵ月程度で転職を決めることができます。

応募条件
・学歴:高卒以上
・職歴:正社員歴1年以上もしくは、アルバイト継続2年以上
・転職回数:1回以下

9位:プログラマカレッジ

受講料 無料
年齢制限 30歳未満
主な学習言語 Javaが中心(HTML/CSS・PHP・Javascriptも学習)
学習形式 オンライン(現在コロナの影響で通学は不可)
学習期間 3ヵ月(平日5日間コース・週3夜間コース・個別研修コース)

プログラマカレッジは、第二新卒・フリーターのエンジニア転職が可能で、高い就職率を誇る無料系プログラミングスクールです。

平日5日間コース・週3夜間コース・個別研修コースの3つに分かれており、専業で勉強したい人だけでなく、働きながら勉強したい社会人も通えるというメリットがあります。

紹介できる企業はなんと3,500社。

GeekJobやポテパンキャンプとともにチェックしておきたい無料スクールです。

10位:Dive Into Code

受講料 Webエンジニアコース 就職達成プログラム:498,000 円
年齢制限 無し
主な学習言語 多数
学習形式 通学・オンライン
学習期間 就職達成プログラムの場合
フルタイム : 4ヶ月間
パートタイム : 10ヶ月間(木曜以外)

Dive Into Codeは、Webアプリケーション開発で人気の言語であるRubyOnRailsを中心に、Webエンジニアコース(就業達成、新規事業創造)、機械学習エンジニアコースと3コースを提供しているプログラミングスクールです。

対面式・オンライン両方に対応しており、カリキュラムはかなり実践的で高度と評判です。

30代・40代以降の転職が難しいとされる方も高いスキルを身につけての転職がしやすくなってます。

公式ページにも高齢からエンジニア転職を実現された方の体験記がありますのでぜひチェックしてみましょう。

>>「無料体験あり」DiveIntoCode公式ページ

まとめ

人気ランキング上位のプログラミングスクールを厳選して紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

それぞれ特徴や強みがあるのでご自身が何を重視するのかよく検討した上で選んでいくことが大事です。

しかし、「いろいろ比較検討したけど結局どこがいいのかわからない」、「IT業界やスクールに詳しい人に一度相談したい」という人もいるかと思います。

当サイトにおきましては、IT業界経験の長いエンジニアが無料で学習相談を行っておりますのでお気軽にお問合せください。

以下詳細ページとなります。

問い合わせはこちら

学びたいコース別でスクールを選ぶ方法

スクールの評価はもちろんですが、学びたい言語や分野で比較をしたい方へ向けたサービスがございます。

そのサービスがvariiisのスクール(コース別)比較サービスです。

学びたいコースを絞るだけで一覧で確認が可能です!!

日本全国のスクール登録数No1であり、小さなスクールも多数登録しているためピンポイントで合ったスクールも調べられます。

variiis公式ページ