IT career Counseling
プログラミングスクール情報

【2021年最新】Rubyを学べるおすすめスクール5選を紹介!

Rubyを使えるエンジニアになりたい
Rubyを学べるスクールを知りたい

RubyはWeb系言語として人気がありますから学んでみたいという人は多いのではないでしょうか。

求人数も多いですし、未経験からでもRubyスキルがあれば採用される可能性は十分あります。

ただ、未経験からITエンジニアを目指すのは簡単ではありません。スクールなどを利用し、Rubyに関して質の高いポートフォリオを作らないと、希望の企業にはなかなか入社できないでしょう。

そこで本記事では、Rubyを学びたい人向けにおすすめスクールを厳選して紹介していきます。

Rubyを学べるおすすめスクール


本章にて、Rubyを学べるおすすめスクールを紹介していきます。

DMM WEBCAMP COMMIT


「DMM WEBCAMP COMMIT」は、Rubyを学べて、手厚い就職支援を受けることができるという転職保証付きプログラミングスクールです。転職成功率98%という高い実績があります。

「基礎学習」のカリキュラムでは、( HTML / CSS / JS/ jQuery / Ruby / Ruby on Rails)を学ぶことができ、RubyをはじめとしてWeb周りの重要スキルが網羅的に含まれてます。

「基礎学習」後は、「チーム開発」・「ポートフォリオ制作」と実務につながるカリキュラムが用意されてますから着実にエンジニアとしてのスキルアップができるでしょう。

専属のキャリアアドバイザーによるキャリアサポートオプションを無料で提供されており、自己分析や履歴書、職務経歴書の添削、面接対策までトータルでサポート転職できるか不安という人も安心です。

DMM WEBCAMP無料体験はこちら==>>DMM WEBCAMP公式サイト

RUNTEQ


RUNTEQ(ランテック)は、「開発現場が求めるレベルに到達できる」をモットーに、実務に通用するRubyスキル習得を目指せるスクールです。

学習量は800〜1,000時間で、かなりのボリュームがあり、カリキュラムは開発現場のノウハウが凝縮された課題解決型となってます。すべてのカリキュラムを消化すれば、自信を持って開発現場に出ることができるでしょう。

ポートフォリオ制作や面接対策、提携企業の紹介など就職サポートも手厚いです。実際にRUNTEQから自社開発企業へ就職できたという口コミはよく見受けられます。

カリキュラムはかなりボリュームがあって大変ですが、着実に高いスキルが習得できるスクールです。自社開発企業に就職したいという人はぜひチェックしておきましょう。

RUNTEQ無料体験はこちら==>>RUNTEQ公式サイト

TechCamp


TechCampは、Rubyの生みの親でもあるまつもとゆきひろ氏が監修したカリキュラムでRubyを中心に学べる転職保証付きのスクールです。

学習は期間にして10週間、600時間とボリュームがありますが、専属ライフコーチが付き、カウンセリングのうえで、学習上のアドバイスをしてくれます。完全初学者でも安心してカリキュラムを進めることができるでしょう。

転職活動に関しても、専属キャリアアドバイザーがマンツーマンでサポート。カリキュラム修了後に企業とのマッチングや面接対策までしてくれます。

転職保証は30代でも受けることが可能です。この点は他社にはほとんどない魅力といえます。30代を超えているが、転職サポートを受けたいというならTechCampはぜひチェックしておきましょう。

無料体験の内容
プログラミング学習説明会
プログラミング体験会
個別相談(任意)

TechAcademy


TechAcademyは、老舗のスクールとして有名で、4週間10万円台から格安の受講料でRubyを学ぶことができます。

Rubyを学べるコースとしては、「Webアプリケーションコース」があり、「Ruby on Rails」 でオリジナルサービスを開発できるところまで目指せます。

掲示板アプリやTwitterのクローンサイトの作成をするなど、カリキュラムは実践的です。

パーソナルメンターサポートがあり、週二回のメンタリング・毎日15時〜23時のチャットサポートによって、挫折しにくい学習環境となってます。

転職保証はありませんが、卒業後はTechAcademyキャリアという転職サポートを受けることができます。企業の紹介やスカウトなどのサポートがあるので、転職をしたい人にもおすすめです。

無料体験の内容
1週間の体験期間
HTML/CSS・PHPの入門を学習可能
現役エンジニアのメンターが付きながら課題
メンターとのビデオチャットが可能

TechAcademy==>>[無料体験あり]TechAcademy公式ページへ

侍エンジニア塾


侍エンジニア塾は、「完全オーダーメイドカリキュラム」で有名なスクールで、Rubyにも対応してます。

カリキュラムは受講生の希望をヒアリングしつつ決めていく形です。例えば、「Rubyを学んで未経験から転職したい」「Rubyエンジニアとしてフリーランスエンジニアになりたい」と伝えれば、それに合ったカリキュラムを組んでくれます。

Ruby経験豊富な現役エンジニアがマンツーマン指導してくれるため、着実にRubyスキルが身に付きます。実際に侍エンジニア塾での挫折率は8%と極めて低い数字です。

スキル習得から案件獲得まで徹底サポートしてくれます。

Rubyのスキルをしっかりものにしたいならマンツーマン指導に定評のある侍エンジニア塾をチェックしてみましょう。

無料体験の内容
個別無料カウンセリング
プログラミング体験会

公式サイト==>>[無料体験あり]侍エンジニア塾公式ページへ

Rubyをスクールで学ぶメリット


本章では、Rubyをスクールで学ぶメリットについて説明していきます。

わからない点を質問できる

Rubyの学習上わからない点があっても、スクールではエンジニア講師にすぐ質問できるので、挫折がしにくいです。

質問できることで学習時間の短縮にもなりますから、より短期間でRubyのスキルの習得が可能となるでしょう。

Rubyのポートフォリオ制作が可能

スクールではRubyを使って、エンジニア講師のサポートを受けながらオリジナルのポートフォリオ制作が可能です。

転職活動を有利に進めるためには質の高いポートフォリオが重要で、未経験者は特にポートフォリオがスキルのアピールとなります。

独学でアプリ開発しようとしてもつまづくことが多いですが、スクールを利用すれば、講師からアドバイスやレビューを受けながらポートフォリオ制作を進めることができます。

就職支援サポートがある

スクールでは就職支援サポートがあるため、企業の紹介や面接対策、職歴書・履歴書の書き方などに関してサポートを受けることができます。

その他転職保証があれば、高いお金を払ってスクールを卒業したのに転職できないというのは避けたい人でも安心できるでしょう。

どのスクールも多かれ少なかれ就職支援サポートはありますが、サポート内容はさまざまなので、複数のスクールをしっかり比較検討することが大事です。

まとめ

今回はRubyを学ぶのにおすすめのスクールを紹介させていただきました。

Rubyは比較的学習難易度が低く、未経験でも転職しやすい言語の1つなので、最初に学ぶ言語として大変おすすめです。

未経験からいい企業に入社するには、質の高いポートフォリオが必須です。スクールに通って、独学では難しいポートフォリオ制作を行い、手厚い就職支援のもとで転職活動を円滑に進めましょう。

※当サイトではプログラミング学習の相談を無料で受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。
問い合わせはこちら